私が愛用しているおすすめ工具/ハンドメイドアクセサリー/ピアス・イヤリング

こんにちはLibra and Geminiです。

今回は私達クリエイターが使用しているアクセサリーを作るときに使用しているおすすめ工具を紹介します。

初心者だった頃に感じた事

私が始めたての頃に工具を集めて感じたことは、初心者でも良い工具(百均などではない)をはじめから使用した方が良いことを感じました。

良い工具を使用すると手の馴染みが良かったり、細かな作業をする時に細部まで意識が伝わりやすいので使用しやすいです。

とはいっても安過ぎず高過ぎずの商品を紹介します。

ハンドメイドアクセサリーの基本工具

  • ニッパー 1個
  • 平ヤットコ(ペンチ) 2個
  • 丸ヤットコ(丸ペンチ) 1個

上記この4つは必ず必要となります。用途については他の方の記事を読んでください。

私のお勧めする商品

ニッパー

とりあえず初めてのニッパー選びとしては、このタイプの先が曲がった繊細な作業が出来るニッパーを選んだ方が使いやすいです。形が変わっているので意外だと思われますがだまされたともって使用してみてください。

※メーカーはケイバ(KEIBA)さんの工具が本当にお勧めです。

適度な大きさと、グリップの握りやすさ。何より精度と切れ味は格別です。

少し慣れてきたらニッパーは増やしましょう。

私はピアス/イヤリング専門なので一般的な大きな工具は必要としません。なので二本目のニッパーも薄型のもので十分です。

平ヤットコ

ペンチも先が細いタイプのラジオペンチタイプがおすすめです。

必ずペンチの先端、金属の部分は溝がないものを選んでください。

アクセサリー作りでは一番重要となる工具だと思います。細かなつかむ曲げるを私の手の代わりに行ってくれる工具ですからね。なるべく精度の高い工具を使用したいところです。

丸ヤットコ

丸ヤットコも先端が細いもの、先端がショートよりは長いもを選びましょう。ロングタイプの方がワイヤーを丸める時の大きさの種類が沢山作れます。

丸ヤットコも重要な工具でいかに先端が細いかワイヤーをつかんだ時にワイヤーに傷がつかない加工がされているかが重要となってきます。


あると便利アイテム

次にこのアイテムがなくても制作は出来るけどあると作業効率の上がる道具を記載します。

三角トレイ

アクセサリーを制作する時にはパーツも小さいですからあると便利です。

サイズ感や三角形なところも理にかなっていてよいアイテム。

目打ち

意外と出番が多い目打ち。指先の代わりになったり、パーツやワイヤーの穴を広げる時にも使用します。

以下の極細タイプで間違いなし☆

ビーズマット


まとめ

以上私がおすすめするケイバ(KEIBA)さんの工具でした。工具ひとつであなたの腕もアップするので、初心者の方、これから始めようとする方は参考に、すでに制作している方は工具の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

皆様のお勧めの工具を是非コメント欄で教えてください☆

【追記】この道具たくさん使っている!

今更ながら上記に記載の道具は必ず揃えた方が良いと思います。

そして番外編として利用頻度の多いものを記載しておきます。

15㎝定規

どちらも愛用の定規。

両側にメモリがあること。端までメモリがあるものを選ぶと良いです。

小型ニッパー

元々ネイル用で購入していたニッパーですが、針金以外のものを切るとき、細部を整える時に重宝しています。

元々細かい作業用な為にアクセサリー作りにも適しているのかも。

接着剤

私は有名なアロンアルファを使用しています。こちらの商品はスティックタイプなので細部に少量つけるのに便利です。

 

アクセサリーの道具に関してはとにかく先が細いもの、細部の作業がしやすいものを選んであげると良いです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。