GoProブイログ撮影、周辺機器のおすすめ|ミニマム

今までカメラ派、写真派だった私がついに動画デビュー。
動画となるとハンディーカムのホームビデオのイメージが先行してしまい、街中や街歩きだとあの佇まいはなんだか違和感。
デジイチを持っているのだからYouTuberみたいに撮るってのも、なんだか大掛かり…

前回の記事で私はミニマムが好き、デジイチからコンデジに乗り換えて幸せって事を散々書いている。
そう、私はシンプル軽装備なミニマムが好きなのだ。

ミニマリストのトラベル三脚|Manfrottoテーブルトップ三脚キット

2016年11月2日

デジイチユーザーがコンデジを購入して更に幸せになった話|リコーGRⅡ

2017年4月9日

学生の頃でっかいデジイチを構えて街中に繰り出した、今でこそデジイチは有名になったかもしれないがあの黒い大きなボディーを目の前にした人は緊張や物珍しさ、自然な表情をしてくれない。
そしてそれが動画になると一枚の良い写真とはいかない。
街歩きですれ違う人達がすれ違い際、私やカメラを意識しては自然な絵が撮れないと言うもの。

そんな中見つけたのがアクションカムの系統
皆様はご存知だったかも知れませんが、私は動画関係には疎い…
アクションカムと言えばサーフィンやバイク、スキーなどとにかくカッコいい臨場感のある映像を撮りたい人が使うものだと思っていた。
それにカメラと比べあの小さいボディーで何が出来るのだと…

私はミニマリスト、撮影している自分も恥ずかしい、周りからなるべく注目もされたくない
これだ、このちっこいの使ってみよっと。

調べてみるとなかなか技術も上がっているようだし(完全素人目)、GoProのTime Warp(タイムワープ)なんて機能が楽しそうで、いきなり話は飛ぶがGoProを購入した(笑
GoPro以外も良いものはあるので好きなものを。

私がGoProで撮影したかったブイログ

  1. 街歩き!
    これは写真の時もそうだった、私が見ている自然な風景を絵にしたい。
  2. 車載カメラ!
    車が手放せない田舎育ちの私は車で移動時の風景も絵にしたい。
    これはタイムワープの影響かな。

今回は前置きが長くなってしまいましたがここからが本題、私のおすすめするGoPro周辺機器

まず私がGoProと同時に購入したもの

バッテリー

これはGoProのレビューなんかをみて、充電の持ちが悪いと知って即買い!!
結果、正解
バッテリー3本、箱型充電器で正解

↑私が購入したもの

ネックマウント

これは街歩きで私目線の絵が撮りたかった為、正直これは失敗!

GoProにはHyperSmooth(ハイパースムーズ)あるしって浅はかでした、歩いてる時の揺れ、GoProが身体に当たる衝撃、しっかり動画に映り込みます。
これじゃ見れた映像じゃない…
これを考えるとネックマウントと迷っていたクリップマウントは水平も取りにくいしNGなんだろうな。


結論、街歩きは普通に手持ちが1番かなと…
このミニ三脚棒を購入

ついでにこのマウントがあれば三脚に接続できます。GoProの使用用途がぐっと広がります☆

ここで番外編
GoProで綺麗な写真が撮れる、みたいなレビューや広告をみたけど、実際使ってみたらなんじゃこりゃ。
防水だからシャッターボタン押しにくいし、ブレるし、画質もトイカメラですかって程…GoProの写真なんて全く面白くない。
あくまで私の感覚です。

次に車載カメラとして

私が購入したものはREC-MOUNTS ショートサクションカップマウント。
車内のスマホ置きでおなじみの吸盤型、これは購入して正解!

レビュー評価も良さそうだし、車内で置き型よりフロントガラスにつけてのた方が良いかなと。
届いた商品をみてびっくり想像していた吸盤よりもはるかに大きく、これなら落下の危険はないなって思いました。(もちろん車外使用時は落下防止の命綱は必需ですよ)

※注意としては吸盤の直径は気にした方がよいです。
どんなに強力な吸盤でも直径内の平面には付きませんから。

それとGoProホルダーは必需品

GoProはホルダーなしでは三脚などには付けられない構造になっています。
純正でも付属されていますが、本体のホルダーが必要になります。
他の方が言うように、このホルダーのマウントがねじ式で非常に外すのに時間が掛かる。
てことは自身が使う用途の数はホルダーがあった方が楽です。
三脚にホルダーを付けっぱなしにしてしまうと言うことですね。

そして何より安価で良いものが手に入ります。
社外品ホルダーの良いところ、

・装着時の開閉留め具が純正より硬くないので楽
・ホルダーを付けたままGoProの充電ができる

※注意としてはマウントのネジがどんなに締めても、力を加えれば角度が変わってしまうこと。
でもまぁ、付属のマウントは使うことがないと思うのでよしかな

ちなみに私は”車載”、”手持ち”で2つ、”GoProのみ持ち”でもう1つあっても良いかなとは思います。

あとはケーブルや小物類

保護フィルム

フィルムはよくある前面レンズと背面液晶ではなく、前面液晶背面液晶のものを選びます。

レビューでもあるようにレンズはレンズカバーなので、元々交換が出来るものです。

※レンズフィルムですが、他のアクセサリーを購入するとおまけで入っていたりするので色々購入した後でもいいかも

レンズ保護

デジイチ愛用者としてはレンズをむき出しにするわけにはいかない。

コスパ!マイクロSDカードはこれ

SDカードは高価だと思ていたので良かった。

最後に街歩き問題

手持ちハイパースムーズでも充分よいのですが、なんだかハイパースムーズは電子手振れ補正、10パーセント絵をクロップしている。
わかりやすく言うとGoProの最大限写せる画角から狭めていると言うこと。
これは非常に残念、どんなに画像が歪もうと私はGoProのSuperView(超広角)が気に入っています。
風景画なんて広く写せるのは正義ですから。(持論)

てことでやっぱりジンバル使いたいと思う日々

ジンバルも始めのミニマムから外れるから非常に導入しにくい…


調べるとなんとコンパクトなウェアラブルジンバルというものがある。

私はこれを購入しますよ。
通常タイプより電池の持ちが懸念されますが、YouTubeの検証動画では何時間も撮れていたし、モバイルバッテリーに繋げば問題なし、それにGoProの充電の方が先に尽きるかと。

コンパクト三脚と組み合わせて手持ちも出来ます☆


こうなるとタイムワープは使えなくなるけど、用途によってはジンバル一体型のDJI OSMO POCKETも良い商品ですね。
全てを叶える商品はないのでそこはしょうがないです。

まとめ

私ミニマリストのGoPro装備はほぼ決まったと言えます。
街歩き
・ジンバル

時には
・ジンバル +三脚

車載は

GoPro初心者の周辺装備のあれこれは、いかがだったでしょうか



最後に私の趣味ですが、ブイログのYouTubeも上げていまして、なぜYouTubeにこんな当たり前の風景動画を上げるかと言うと、国内外の方に日本はどんな所でこの季節はこんな感じだよってのをブイログを通して発信したいと思いました。
中々観光地以外はクローズアップされませんからね

でわでわ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。